症状ブログ

2015年4月 8日 水曜日

日野市、重度の腰痛患者さんの思考。

日野市、八王子市、多摩市、府中市からも来院する信頼の整体カイロプラクティック技術、肩こり、腰痛、痛みやしびれ、あなたの悩みを解決するオアシス整骨院です


腰痛でどこにいっても良くならず、だんだんとひどくなっていったという男性の方が来院。

南平周辺の接骨院や鍼、マッサージにはほとんど通い、都内の有名な治療師さんのところにも通ったが、よくならない、現在は日野市の病院で痛み止めをもらっているがそれも効かない。

なんというか、ずいぶん悪い状態ですけど、ご自分の身体ですよね?
だったらどういった治療をして、よかった悪かったではなくて、治療を受ける以外に、ご自身ではいったいどういったことに取り組みました?

といったニュアンスでお話を聞きましたが、何もなさっていませんでした。。。

そりゃ悪くなるのは当たり前ですよね。

何か体操をやってますとか、腰に負担を掛けないように意識してますとか、普通はそういった言葉が出てくるものですけど、そんなご自身での取り組みは一切なく、他力本願で治してくれ、っていう方で順調によくなるケースって殆どないです。

ただ単に一時的に疲労が少し溜まっていただけとかであればよくなることもあります。
けれど、複数の治療を受けて変化しないということは、単純な疲労といったものを超えてるということ。

ご自身での取り組みは必須です。

まずは自分の身体なんだという自覚と思考が必要です。
その自覚がなければ、投げやり、いい加減な気持ちになります。

そういった意識が身体の動きにも影響を与えます。

雑な動き、身体を痛めやすい動きになってしまうんです。

色んな治療法がありますが、あくまでその人の自然治癒力を引き出すためのお手伝いをしているだけです。

といったお話をさせて頂きましたが、果たしてわかってもらえたかどうか、、、

日野市 腰痛
 



投稿者 オアシス整骨院