症状ブログ

2015年6月10日 水曜日

虚している方の慢性肩こり。

日野市、八王子市、多摩市、府中市からも来院する肩こり、腰痛、痛みやしびれ、信頼の整体カイロプラクティックのオアシス整骨院です。


一口に肩こりと言っても、いろんなタイプの方がいます。
単純に肩周りの筋肉が固くなっている場合のほかに、力が弱ってしまっているようなタイプの肩こりというのもあります。

肩周りの筋肉が弱っているようなタイプの方に共通するのが、人に凝ってるねと言われたりするけど、自分の自覚症状というか感覚が弱いタイプ。

自身の感覚が弱いので、こちらが施術しても実感があまりなかったりします(^_^;)
また、凝っているのと逆側が痛いと言ったりします。

こういったタイプの方は、施術で回復力を高めていきながら力をつけていく必要があります。
また、治療の過程で神経の働きや細胞が活性化してくると、逆に肩が凝ったのを感じるようになる場合もあります。

つまり、改善に時間がかかるタイプの方なんですね。

というご説明をしますが、共通してあまり続かないタイプの方だったりもします。

身体が虚している状態なので、そもそも続けるとかが苦手なんですね。


ですが、慢性的に凝ってる方は、交感神経が働いて緊張している状態が日常になってしまっています。

これは、自律神経の働きが落ちてる状態です。

自律神経は内臓や身体の働き、機能的なものはすべて自律神経が支配しています。

セロトニンやドーパミン、そのほかホルモンの働きにも影響しています。

イライラ感といったものや精神的なものを含めて、人間の行動にも影響してきます。

まずは簡単な体操からでもよいので出来る範囲で続ける、ということが大切ですね。


投稿者 オアシス整骨院