症状ブログ

2015年1月28日 水曜日

日野市 腰部脊柱管狭窄症のKさん

日野市の高い効果のあるソフトカイロプラクティック整体療法、オアシス整骨院です。


性格や意識が身体に与えている影響はとても大きなものです。

Kさんは現役時代バリバリ働きまわっていたんだろうなと思う60代後半の方。

数年前に腰部脊柱管狭窄症の手術をして、そのリハビリとして、現在もプールとフィットネスクラブには週に2,3回通っているといいます。

最近また腰の調子がよくない、腰痛と痺れもあるとのことで来院されました。

プールでは歩くことと、ジムではちょっとした筋トレをしていると言います。
確かに筋肉もしっかりしていますが、客観的にみたときに、表面上はともかく、だいぶ内部では身体の疲労がたまっているような印象を受けました。

また、身体がめちゃめちゃ硬い。
これだけ硬いと呼吸するのもしんどいんじゃないか?と思うほどですけど、ご本人は全く感じていません。

こういった身体の方は、健康で状態がよくて平気というタイプではなくて、感じないようにしているから平気、という方です。

加えて、立ち姿勢や座り姿勢、基本的な身体のバランスがよくない。

運動や体操をおこなうのはいいんですけど、身体に不必要な負担をかけないような使い方が出来ていないと、一生懸命に何かおこなったとしても、疲労がたまるだけなんです。

身体のバランスや使い方だけのことしか書いていませんが、実際はもっと深い内容を含んでいたりします。
 
その方の性格はどうなのか、日常生活や、仕事での取り組みは?
こう考えると共通しているものがうっすらみえてきます。

自身の身体や対象に意識を向けることが非常に苦手で、がむしゃらにやってしまうタイプの方なんです。

若い頃や壮年期であれば、それでもやれてしまうんですけど、だんだんと身体は衰えていきます。

悲鳴を上げた結果としての、腰部脊柱管狭窄症なんですね。
すべての方がそういったパターンというわけではないですけど、ちょくちょく見かける気がします。

症状だけなんとかしようとしても根本的な解決には全くなりません。
こういったタイプの方は、他にも心疾患や脳疾患等のリスクが高くなることが想像できます。

すべてが実は繋がってくるという視点を多くの方が持っていません。

出来れば、この性質的な部分をよい方向に持っていけたらいいなと思い、ちょっと頑張り過ぎですかね~とお話しながら施術させて頂いて、その辺りの話をしたんですけど、あまり耳を傾けて頂けなかったようで、症状にしか意識がいかないような様子でした。。。

まだまだ勉強ですね、、、上手に伝えるのは難しいなと感じました。。。

日野市 脊柱管狭窄症

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年1月26日 月曜日

ぎっくり腰、腱鞘炎等にアイシングの効果 日野市

京王線南平駅すぐ、八王子市、多摩市、府中市からも来院するカイロプラクティック整体、オアシス整骨院です。

今回はアイシングについて説明していきたいと思います。

個人的には一般に市販されている電気治療のものや自分で自分をマッサージするといったものよりも効果があると感じています。
寒い時期ですので、アイシングをおこなう部分以外はもちろん温めておいたほうがいいですよ。

風邪には気をつけましょうね^^

単純に健康であれば温めてももちろんいいのですが、痛いところがある等の場合、アイシングの方が非常に効果ありますので、一度試してほしいと思います。

実は温めるよりも冷やすほうがよく効きます。

全身を冷やすのは風邪等ひきやすくなりますのでもちろんよくありませんが、局所的にであれば冷やしたほうが症状改善は早くなるケースが多いです。

温めるのが体にいい、みたいな書籍もたくさん出ていますから違いをお伝えしたいと思います。

全身が温かいというのは確かに大切なことです。
体温が一度下がるだけで、免疫力は30パーセントダウンする、というのを聞いたことがある方もいると思います。

がん等を温めて治すというような話もあります。
単純に健康だけを考えるならば温めて問題ありません。

ですが、来院される方の多くは、局所的な痛みを訴えて来院されています。
腰や肩、膝、股関節等。

局所的にであれば冷やしてあげることで、体の内側から温めようとする力がその部分に働きます。
どこかで書いた気がしますが、恒常性維持機能といいます。
体温を一定に保とうとしますのでその冷やされた部分に対して血液やリンパの循環が集まって、回復させようと機能が集中するんです。

また、患部に炎症等ある場合、温めてもよくなりません。
捻挫、ヘルニア初期、腱鞘炎等。
軽度な炎症であれば、温めることで楽になったと勘違いしてしまうケースもありますので、注意が必要です。
(炎症がなければ問題ありません)
基本的に、温めることで血行がよくなって楽になる、そういったイメージというか、思い込みを多くの方が持っています。

本当によくなっていっているのであればそのまま温めても問題ないのですが、一時的に楽になったと思ってもなかなか症状が改善していかない、そんな場合は見直す必要があります。

状態によって冷やす時間は違いますが、15分程度を目安に感覚が麻痺してくるくらい。
明らかな炎症症状がみられるのであれば少し長めに。

ご家庭でのおすすめのやり方の一つとして、直接氷のブロックを痛い部分の皮膚に当てて動かしながらこするというのもあります。
手で持つ部分はタオルに包んで皮膚には直接氷が当たるようにします。

やってもらうとわかりますが、痛みの感覚もシャットアウトしてくれるので、その場で感じが変化して効果が出たことがわかると思います。

ちなみに、かなり昔になりますけど私が自分のぎっくり腰になった時に、このアイシングと足の経絡治療を自分でおこなって痛みがかなり半減したという経験があります。

(試してみてもいいですけど、ぎっくり腰の方はもちろんきちんと治療を受けてくださいね)

一部ではぎっくり腰等に対しても温めるという施術もなくはないですが、もし炎症があればかえって痛みが増すリスクがありますので冷やしたほうが確実です。

というわけで、お悩みの方は一度やってみてください。

あと、凍傷には気をつけてくださいね。
日野市 ぎっくり腰 腱鞘炎 アイシング

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年1月25日 日曜日

ぎっくり腰、腱鞘炎等にアイシングの効果 日野市

京王線南平駅すぐ、八王子市、多摩市、府中市からも来院するカイロプラクティック整体、オアシス整骨院です。

今回はアイシングについて説明していきたいと思います。

個人的には一般に市販されている電気治療のものや自分で自分をマッサージするといったものよりも効果があると感じています。
寒い時期ですので、アイシングをおこなう部分以外はもちろん温めておいたほうがいいですよ。

風邪には気をつけましょうね^^

単純に健康であれば温めてももちろんいいのですが、痛いところがある等の場合、アイシングの方が非常に効果ありますので、一度試してほしいと思います。

実は温めるよりも冷やすほうがよく効きます。

全身を冷やすのは風邪等ひきやすくなりますのでもちろんよくありませんが、局所的にであれば冷やしたほうが症状改善は早くなるケースが多いです。

温めるのが体にいい、みたいな書籍もたくさん出ていますから違いをお伝えしたいと思います。

全身が温かいというのは確かに大切なことです。
体温が一度下がるだけで、免疫力は30パーセントダウンする、というのを聞いたことがある方もいると思います。

がん等を温めて治すというような話もあります。
単純に健康だけを考えるならば温めて問題ありません。

ですが、来院される方の多くは、局所的な痛みを訴えて来院されています。
腰や肩、膝、股関節等。

局所的にであれば冷やしてあげることで、体の内側から温めようとする力がその部分に働きます。
どこかで書いた気がしますが、恒常性維持機能といいます。
体温を一定に保とうとしますのでそこに対して血液やリンパの循環が集まって、回復させようと機能が集中するんです。

また、患部に炎症等ある場合、温めてもよくなりません。
捻挫、ヘルニア初期、腱鞘炎等。
軽度な炎症であれば、温めることで楽になったと勘違いしてしまうケースもありますので、注意が必要です。
(炎症がなければ問題ありません)
基本的に、温めることで血行がよくなって楽になる、そういったイメージというか、思い込みを多くの方が持っています。

本当によくなっていっているのであればそのまま温めても問題ないのですが、一時的に楽になったと思ってもなかなか症状が改善していかない、そんな場合は見直す必要があります。

状態によって冷やす時間は違いますが、15分程度を目安に感覚が麻痺してくるくらい。
明らかな炎症症状がみられるのであれば少し長めに。

ご家庭でのおすすめのやり方の一つとして、直接氷のブロックを痛い部分の皮膚に当てて動かしながらこするというのもあります。
手で持つ部分はタオルに包んで皮膚には直接氷が当たるようにします。

やってもらうとわかりますが、痛みの感覚もシャットアウトしてくれるので、その場で感じが変化して効果が出たことがわかると思います。

ちなみに、かなり昔になりますけど私が自分のぎっくり腰になった時に、このアイシングと足の経絡治療を自分でおこなって痛みがかなり半減したという経験があります。

(試してみてもいいですけど、ぎっくり腰の方はもちろんきちんと治療を受けてくださいね)

一部ではぎっくり腰等に対しても温めるという施術もなくはないですが、もし炎症があればかえって痛みが増すリスクがありますので冷やしたほうが確実です。

というわけで、お悩みの方は一度やってみてください。

あと、凍傷には気をつけてくださいね。

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年1月22日 木曜日

自律神経失調症への整体療法

日野市の更年期障害や慢性頭痛、自律神経失調症の方への特殊整体療法、オアシス整骨院です。


なんとなく体調がすぐれない、腰痛や肩こり、頭痛でマッサージ等を受けてもいまいちすっきりしない、そういった方は自律神経失調症の予備軍である可能性があります。

自律神経失調症というと、慢性的な疲労や頭痛、不眠といったものからイライラやゆううつ感、不安感といった精神的な症状まで多くの様々な症状が現れます。

その原因にも多くのものが考えられていて、人によって全く違っています。

神経の症状であるため、筋肉や骨に対してアプローチしたとしてもよくなるはずがありません。

自律神経失調症の方、もしくはそれに近い症状をお持ちの方の特徴として、背骨の動きが悪い、背中が固いというものがあります。

ここでいう固さは、単純にストレッチのような柔軟性とは違い、余計な力、余分な力が入っていることによる固さのことを言います。

ほとんどの方が悪い状態であっても、その身体の状態が慢性化しているため、自覚がない方も多いです。
もちろん自覚症状がある方もいます。

本来背骨というのは、ひとつひとつが上に積み重なっている構造のため、ある程度一個一個がバラバラに動くように出来ているものなんです。
バラバラに動ける状態を維持していることで、脊髄神経の通りがよくなっているため身体本来のいい状態を維持することが可能になっています。

ですが、中には背骨が一本の鉄の棒のような状態になっている方もいます(笑)

それだけストレスや疲労をため込んで緊張が強くなっていった、頑張ってきた方なんですね。

精神的に常に緊張しているようなタイプの方も背骨周りが固まっています。
緊張する、というのは身体に余計な力が入っていないと出来ません。

あれこれと考え事が多いといったタイプの方が首こりや肩こりになりやすい理由は、考え事というのも筋肉が緊張していないと出来ないからです。

本当にリラックスが出来ていると、普通は余計な考えを浮かべようとしても浮かばないものなんです。

マッサージで首や肩、背中周りをもみほぐす、それも一つの手段ですが対処療法に過ぎません。

オアシス整骨院の自律神経療法では、無理やり揉みほぐすのではなく、自然とコリが身体の内部から解きほぐれるような施術法です。
その方の身体をあくまで無理なく自然に回復に導くお手伝いをおこなっています。

いきなりよくなるものではありませんが、睡眠の質が深くなる、疲れが取れやすくなる、呼吸が深くなる、そういった状態に比較的短期間で導いていきながら徐々に症状改善しやすい身体へと変化していきます。

人により状態が全く違うため、コミュニケーションを重視して状態把握をしっかりとさせて頂いて施術はおこなっています。

オアシス整骨院の自律神経療法は、カイロプラクティックオステオパシーの理論を元に、以前おこなっていた方法から現在ではさらに進化しています。
(2014年12月)

更年期障害やその他の不定愁訴に対しても有効です。
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

日野市 自律神経失調症 更年期障害


投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年1月21日 水曜日

腰痛、肩こり、下半身の痺れの方 日野市

日野市の腰痛肩こりに強い高度カイロプラクティック整体のオアシス整骨院です。

だいぶ前の動画になりますが、整理していたら出てきたので載せておこうと思います。
作務衣ではないのでちょっと印象違いますね。

クライアントさんは日野市南平在住の方。

初めて来院されたときは、胸から下全部足先の方までしびれている、さらに頭痛や肩こり、腰痛も訴えていた方でした。

胸から下全部がしびれているというような神経症状はこれまで聞いたことがなかったので、脊髄炎とか、もしくは何らかの病気じゃないか?とも思いましたが、そちらは病院でみてもらっているとのこと。

肩こり腰痛はともかく、しびれは単純な凝りや歪みの症状とは違うので、どこまで変わるかわかりません、ちょっとでも変だと思ったら病院でご相談してください、そういった話をして施術をしましたが、何度か施術しているうちにしびれの方もすっかり取れてしまった方です。

しびれはとれましたが、お仕事の負担が大きいため、調子がよくなったり悪くなったりを繰り返しているような状態で来院されている様子です。

いつもは通常の整体療法(動かしながら身体のバランスを整えていく技法)で身体を整えていますが、よりソフトに調整していく整体療法をデモンストレーションとしてやってみたときの様子です。

約3分ほど、弱い力でソフトに調整しました。(施術中の様子は退屈なのでカットしちゃいました)

特別症状に対して何かやっているわけではないですが、全身が変化しています。
ちょっと癖が強いところは改善までいっていませんが、こういったところは継続して施術をしているうちに変わっていきます。

ほとんどの方が、痛ければ痛いところしか見ようとしませんが、痛みは結果として出ているにすぎません。

もちろん部分的に整えることも併せておこなうことで、より早期の改善を目指していきますが、なぜその痛みや歪みが出てしまうのか、といったところまで考えていく必要があります。
(いまだに難しいなぁと思うこともよくあります)

状態が悪化していくと、単なる凝りや歪みから痛みやしびれになる。
長期にわたると骨なら骨の変形に、筋肉なら過緊張が萎縮に、組織なら拘縮に変わっていきます。

そういったことを踏まえて部分的なところだけでなく、広い視野からもみていく必要があります。

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL