症状ブログ

2015年2月26日 木曜日

日野市 脊柱管狭窄症への整体の感想

日野市、八王子市、多摩市、府中市からも来院する信頼の整体・カイロプラクティック技術、痛みやしびれ、あなたの悩みを解決するオアシス整骨院です。
 



腰部脊柱管狭窄症と言われて歩行時にお尻からふくらはぎにかけての痛みを抱えるクライアントさんですが、順調に回復しています。
感想を頂くことができました。


日野市 脊柱管狭窄症

 

こちらからも読めます。→日野市川辺堀之内在住 脊柱管狭窄症のTさんの感想

 

 

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年2月25日 水曜日

日野市の肩こりに強いマッサージ

日野市の肩こり腰痛に強い整体、オアシス整骨院です。




肩こりに強い揉みほぐしって必要なんでしょうか?

先日、いかにも強揉み大好きといった感じの方がお見えになりました。

基本的に、オアシス整骨院では、強い揉みほぐしというのはしません。
(たまにすることもあるけど)

ご本人曰く、いつも肘でぐりぐりやってもらっている、弱いマッサージとかだと全く効かないのだそう。。。

こういうタイプの方には、どうして強く揉み解すのか駄目なのか、説明しながら施術していきます。

うざいと思われているかもしれませんが。。。

こういった強い刺激に慣れている人の身体を触ると、筋肉というよりも固いゴムでも触っているかのような感じがします。

組織が鍛え上げられて?そうなるのかもしれませんが、ほんとにびくともしないっていう感じです。

これは健康になっているからではなくて、身体の感覚が鈍くなっているというだけ。

ほんとに強揉みでよくなっていってるのであれば、強い刺激から段々と弱い刺激でも、ほぐれていくようにならないとおかしいですよね?

それなのに、これってだんだんと強い刺激がより強く、、、ってなっているんじゃないですか?

それは、麻痺して逆に悪くなっていってるんですよ。


。。。

といった感じの話をしながら施術を終わりました。
姿勢と動きもだいぶスムーズになって肩こりも改善されて、ご本人も効果を感じて頂いているようでした。


といっても、強揉み好きな人って強く揉み解さないと体も心も満足しないという傾向も正直あります。
ですので、その後どうなるかはわかりません。。。

当院の施術を継続していけば段々と体質も変わってよくなっていくと思います。

続けて来てくれるといいけど、、、どうなるかなぁ。

日野市 マッサージ 整体 肩こり

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年2月23日 月曜日

天気と体調、膝痛の関係について 日野市

日野市の体調不良、不定愁訴、膝痛に強い整体療法、オアシス整骨院です。


雨が降ると膝が痛くなる 日野市 の続きから。

なんで天気が悪くなると体調も悪くなるのか、、、、別に気分的な問題ということにしておいてもいいんですけど、、、

違いますよ(笑)

気象病っていう言葉も最近になって言われるようになったみたいですが。

雨の日や台風の日。

これは低気圧が近づいているということ。

低気圧→気圧が下がっている。

ということは、、、


気圧というのは空気の圧力のことですから、空気の圧迫する力が弱くなっていると言えます。

そうするとそれに影響された体はどうなるか、簡単に言えばむくみます

膨らもうとする力の方が大きくなりますから。

筋肉や脂肪といった軟部組織が膨らもうとして血管を圧迫する。

血管が圧迫されて細く収縮するというのは、交感神経の働き。

これを整えようとして、体は無意識の反応で血管を広げようとします。

血管を広げようとするのは副交感神経の働きです。



身体の中では圧迫と拡張とが両方同時に起こっていることになります。

自律神経の乱れがおきやすい状態になっていると言えますし、車で例えればアクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態。

そりゃ悪くなりますよ。

どうしたらいいのか?と言えば、

やはり普段からの体調管理が大切になります。

当院に来院されている方で、昔から天気が崩れると膝が痛くなるというクライアントさんが最近それがなくなったという話をされていました。

別に膝痛でなくても、弱い部分に痛みが出やすくなります。

けれど身体の整備と点検をきちんとしていれば、多少の無理もきいてくれます。

車と一緒です(笑)

そんな体調管理のお手伝いも当院にご相談ください!

日野市 体調不良 手首の痛み


投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年2月23日 月曜日

うつ病や自律神経失調症と運動 日野市

うつ病、自律神経失調症にも対応する整体カイロプラクティック療法、日野市オアシス整骨院です。


うつ病や自律神経失調症に効果的な運動 から

うつ病自律神経失調症など、心理面からの影響を強く受けている場合
(もちろん心理面だけではありませんが)

怖い、という感覚や不安感を肉体面から観察すると、ちょうど膝と腰から力が抜けていくような感じになります。

心ここにあらずなので、頭で考えていてもきちんと考えることが出来ません。

この感じはなんだろうと思っていると、ジェットコースターに乗って上に上がっていくときの感じに似ているかもしれません。(違う!って言われるかもしれませんけど。。。)

ジェットコースターなら恐怖とワクワクドキドキですけど、恐怖面だけが強調されている感じです。

この感じが常にあるわけですから、辛いですよね。

こういった肉体面での反応をある程度コントロールするには、抗うつ剤等も時には必要なことがあるかと思いますが、軽い運動はとてもおすすめです。


ストレッチ等のゆっくりした動きよりも、個人的にはちょっとした有酸素運動、ジョギングとかビリーズブートキャンプのようなもの(笑)

頭から身体の方へと半強制的に肉体にスイッチを入れる感じです。

ノルウェーの精神科医エギル・マーチンセン氏の臨床試験の話があります。

日常生活にも不自由しているうつ病の方を一週間に3日、1時間の有酸素運動をおこなったグループと作業療法をおこなったグループだと有酸素運動の方に大きな改善がみられたという話です。

有酸素運動のみの場合と、抗うつ薬を服用する場合、抗うつ薬と有酸素運動の併用の場合では、有酸素運動のみが最も効果が高いとも言われています。

運動なんてできません、、、そんな方もいるかと思います。
そんなときは深呼吸でも構わないと思います。

いろんな呼吸法等があるように、呼吸も大事な運動です。
調子がいいときは息をするのも気持ちよく感じたりします。

気持ちよさを感じながらおこなうのが大切ですよ。

日野市 うつ病 自律神経失調症

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年2月18日 水曜日

肩こりと目、漢方の視点 日野市

日野市のソフトカイロプラクティック、整体療法院、オアシス整骨院です。


肩こりと目の疲れの続きから。

目の疲れからの肩こりというものがあります。

肩こりにもいろんなタイプの方がいますが、丁度肩の一番上の筋肉の部分、ここが凝っているという方は眼精疲労等の目の影響を受けている場合が多いです。

ちょうど、ツボでいう肩井(けんせい)という部分で、肩こりに効くと言われているツボです。

押すと痛気持ちところですが、人によっては揉み返しで痛くなったりしやすいところでもあるので、当院では確認のために押すことはあっても、この部分をもみほぐすことは基本的におこないません。

ではどうするのかというと、ツボとツボの繋がりである経絡というラインに沿って施術をおこないます。

そうすることで、直接揉み解すよりも自然にコリが取れるように促していきます。

そして、この肩井という部分は、経絡でいう足の少陽胆経という経絡の一部になります。

経絡というのは、いろんな見方がありますが、身体を要素事に大まかに分けて考えたときの見方の一つです。

東洋医学的な視点になりますので、解剖的に分類されているというよりも、作用というか働きの特性によって分類されている、といった印象があります。

この胆経ともう一つ肝経というものは、目に対応していると言われています。
感情であれば、怒り、恨み。

漢方の五行説と言われるものの考え方ですが、意外と当たっていて面白いなぁと思うことがしばしばあります。


先日お見えになった方、肩と首が凝って仕方ないという話でしたが、身体の状態と話を伺っていると、目からの影響が強いと感じられました。

細かく話を聞いていくと、視力が弱いけれどメガネやコンタクトはしていない、細かいものを見るときは目を細めて見ているという話。

そんなケースであれば無意識に首や肩も緊張させてしまうのは当然です。

施術によって首や肩を楽にしても、目を細めてまた首や肩を緊張させていては結局根本改善にはなりません。

もちろん、目の疲労回復のための施術等も当院ではおこなっております。

といっても視力が回復するわけではありません。
(たまに回復してしまうラッキーな方もいます)

なるべく早めに視力の矯正をするようにお勧めしました。

視力や目には問題ないけれど首肩が凝る、視力矯正したけれどよくならない、そんな場合はその他の影響も考えられますので、きちんとみていく必要があります。

是非オアシス整骨院にご相談ください。

日野市 肩こり

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL