症状ブログ

2015年3月31日 火曜日

膝が痛くなる理由 日野市

日野市の整体、カイロプラクティック療法のオアシス整骨院です。

膝はなぜ悪くなるのでしょうか?

簡単に言えば、重心のバランスと歩行時の身体の使い方等に問題があるからです。

一人ひとり状態が違うため、すべての方に当てはまるわけではないですが、ここでは一般的なよくあるケースについてお話します。

片方の膝が痛むようになるということは、痛む方に過度の負担がかかっています。
どのような負担かといえば、左右の重心が片側に偏っていたり誤った使い方をしていて負担をかけてしまうケースが多いです。

単純に体重が増えると負担が増える、これは多くの方が知っている常識だと思います。

ですが、それ以上に問題なのが身体の重心バランスです。

膝には内側と外側で関節面が2つあります。
下のイラストのポコッと丸くなっている部分です。

膝痛 日野市


2つの関節面に均等に負荷が掛かっていれば力がきちんと分散されていますので痛みません。

ですが、膝を痛める方の多くは内側の関節に過度に負担をかけてしまいます。

これはなぜかというと、足の外側で体重を支えようとしてしまうからです。
その方が均等に体重を乗せるよりもバランス感覚をあまり用いずに立てる、単純な身体の使い方でいいからです。

疲れてきたりしたときに足の外側に体重を乗せるというのを感じる方もいるかと思います。

無意識に簡単に安定するので楽だと感じているからでしょう。

けれど、実際は膝の内側の骨に過度の負担が掛かっています。

外側は筋肉で支えて、内側は骨の関節面に負担をかけている状態。

これが積み重なっていくと、O脚変形性膝関節症に進行して膝の内側が痛くなってしまうんです。

立つことは力で踏ん張るのではなく、絶妙なバランス感覚で立つものです。

けれど、そういった繊細さが疲労や歪みの蓄積だったり偏った癖のある使い方を続けた結果として出来なくなります。

ただ立っている状態ですら自然ではないのに、さらに歩くとなるとよりいっそう繊細さは失われていきます。

以上のようなことで膝を悪くしていくわけですが、これは左右の身体の重心バランスが悪い状態が続いた結果なので、膝の前に腰も悪くしています。

よく言われる骨盤の歪み、これが出やすくなるからです。

足のバランスが崩れていて、骨盤が整っているわけがないですよね。

以上を踏まえて、膝に関しては特に、痛みの箇所だけではなく全体から整えていくことで根気強く改善していく必要があります。

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年3月25日 水曜日

変形性関節症、膝痛の治療 日野市

日野市の膝痛、関節痛への整体療法、オアシス整骨院です。


膝痛の感想を頂いておりますので、こちらについて解説と同時に変形性膝関節症や膝の治療についてお話していきたいと思います。

膝痛の感想はこちら

階段を降りるときに膝が痛む、そういう方は一般的にも多いと思います。
こういう膝の痛み方の場合は、膝の筋肉よりも関節や半月板といった部分の組織の損傷であることが多いです。

組織の損傷ですので、筋肉に対するマッサージ等ではまず改善するわけがありません。
通常痛めた組織は安静にしていることで少しずつ修復されていきますが、膝の場合は歩行や立位で常に負荷が掛かっているために日常生活の中で安静にするということが中々できません。

また、仮に安静に出来ていたとしても、今度は筋力の低下によって負荷が掛かりやすくなってしまうこともあり痛くなってしまいます。

そのため、整形外科、鍼灸、マッサージ等色々な治療を受けても中々よくならない方が多いのです。

さらに、両方の膝が同時に痛くなる方はまずいません。
必ずと言っていいほど、どちらか片方のみがまず痛くなり、その後進行していく過程で反対の膝も痛むようになっていきます。

そして酷くなっていくに従って、どっちの膝もすごく痛いとなります(笑)

また同時に腰の痛みや重さを訴えるケースも多くみられます。


続く。

日野市 膝痛 膝の痛み

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年3月24日 火曜日

日野市の膝痛の治療について

日野市、八王子市、多摩市、府中市からも来院する肩こり、腰痛、痛みやしびれ、信頼の整体カイロプラクティック技術のオアシス整骨院です。


60代のおばあさん、夜寝る時も膝がうずいてよく眠れない。
歩くたびに膝の内側が痛くなるという。

典型的な変形性膝関節症の症状が出ていました。

直接膝を拝見してみても、少し変形が進んできているなということがわかります。

膝痛の方からは他の方にご感想を頂いていますので、次回ご紹介して、膝痛の治療について解説してみたいと思います。

日野市 膝が痛い

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年3月18日 水曜日

日野市 四十肩五十肩の治療で大切なこと

日野市、八王子市、多摩市、府中市からも来院する信頼の整体・カイロプラクティック技術、肩こり、腰痛、痛みやしびれ、あなたの悩みを解決するオアシス整骨院です。


四十肩五十肩の治療で来院される方の中には、残念ながら他で治療を受けていて改善しないで当院に来院されていたり、もしくは自己流でいろいろやって逆に悪化させてしまっている方もいます。

そういった方の場合は来なくなってしまうケースも結構あります。

先日からお見えになっていたKさん。

痛めた当初はマッサージ、そして整形外科に通い、その後鍼灸と通われていましたが、変わらずに悪化していき、薬を飲んでも夜も眠れないとのことで当院に来院。

痛み止めを飲んでいるけど、さっぱり痛みが取れない。

とにかく痛みを何とかしてほしいとのことで、何度かお見えになりましたが、先日予約キャンセルの連絡がありそれっきりとなりました。。。

状態が改善されていればまぁいいのですが、おそらくそういうことはなく痛いままの卒業ですね(-_-;)


Kさんにも何度もお話したことですが、多くの方が勘違いしていますが、痛いわけですから動かしてはいけません。
このKさんは肩の動き、可動域だけ見ればしっかりと動いている方でした。

四十肩、五十肩と言えば、腕が上がらなくなるケースが多いですが、腕がしっかり上がって動く人の場合は無理やり頑張って運動や体操等をおこなっていたりします。

そのため、動きではなく痛みを何とかして欲しいと来院します。

ですがそうやって悪化させてしまう方は大抵無理やり動かしてしまっています。
残念ながらそれだと身体に無理をしているだけで、自然に逆らっていますので却って治りが遅くなっています。

痛み止めを服用しても痛いのは当たり前です。
ご自身で効かなくなるまで悪化させてしまっているからです。

四十肩、五十肩であれば普通は動かせなくなりますし、動かすと痛いです。

だから安静にすると思うんですけど、、、

四十肩五十肩は本来の名称は肩関節周囲炎といいますから肩の炎症症状です。

炎症があるということは、中で組織が傷ついている状態と一緒です

ですから安静にして、傷ついている組織が回復してから動かしていけばいいんです。

もちろんただ安静にしてるだけではなくて、治療して回復しやすい身体の環境をつくっていくことも重要です。

痛み止めは取りあえず痛みをなんとかするものであって回復させるものとは違います。
治ってないんだから痛いに決まっています、動かしては駄目。

Kさんにもそうお話していましたが、仕事柄難しいということで安静には出来ないようでした。。。

強引にでも動かせないようにすればよかったかなとも思いますが、、、

当院には四十肩の初期症状の方であれば1週間で痛みがなくなっている方もいます。

四十肩五十肩だけではなく、一般的な症状もそうですが、今は効く薬があるので、薬に頼って自分の身体を顧みないで悪化させてしまう、そういった人が増えている気がします。

手遅れになる前に、ご自身の身体を大切にして欲しいですね。

日野市 四十肩五十肩


 

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL

2015年3月13日 金曜日

ばね指への施術 日野市

日野市の腰痛、肩こりのカイロプラクティック整体療法、オアシス整骨院です。


ばね指、インフォームドコンセントの話から

普段は腰痛の患者さん。

肩こりの方の場合であれば、腕に触れることもありますが、腰痛の方の場合は滅多に腕に触れるということは
ありません。
腰に触れることが出来ないような場合や、腰への施術で効きがあまりよくない場合は、腕を使って腰を治療するようなケースもありますが、順調なパターンだったので腕はみていませんでした。

ですが、たまたま腕に触れてみると異常に硬い。
前腕から手にかけて明らかにおかしいと思える硬さです。

手とか肘は特に痛くなったりしますか?

と聞いてみると、最近はちょっとばね指になったみたいで痛いんです、とのこと。

そこで動かしてもらうと中指が見事に引っかかっています。

まだ発症してそんなに時間が経っていないようだったので、そちらから治療した方がいいでしょう、とお話させて頂いて、ばね指の治療をおこなうことにしました。

ばね指の場合、指自身はもちろんみていく必要がありますが、それ以上に大事なのが手のひらの部分と手根骨になります。

そこで、手根骨とさらに異常に固まっている前腕の調整をおこなってからもう一度指を動かしてもらいました。

さっきよりもスムーズに動いています。

そして、腰の方はというと、腰の施術はおこなっていませんが、動きもよくなり改善していました。

よくあることですけど、ご自身で自覚されている症状と一見関係ないように感じても、身体はつながっていますので
影響を与えていたりします。


なるべく気をみて森を見ず、といったことにならないように心がけていますけど、実際は難しいです。

全て把握できるわけではないですし、関連性が西洋医学にあまりないのと、常識と必ずしも一致しなかったりします。

やっぱりコミュニケーション・インフォームドコンセントが大事なんだなと思わされた出来事ですけど、難しいものですね。

日野市 ばね指 肩こり

投稿者 オアシス整骨院 | 記事URL